履修計画は面倒だが役に立つ。ので自分でやれ

coins Advent Calendar 2016の8日目の記事です。

www.adventar.org

 

去年も何か書きました烏です。

いつもはWORD編集部で記事を書いたり、電波ソングを聞いたり……

 

WORDとは情報科学類生(通称coins)向けにWORD編集部が発行している雑誌です。

次号42号からはアンケートが復活し、再び読者の皆さんの声を受け取っていく予定です!

これによりガラパゴス化していたWORDはより大衆に向けたフレンドリーな冊子に……

はならないと思いますが、これからも濃ゆい情報をお届けすべく奮闘しますのでよろしくお願いします。

また、読者プレゼントも復活するかもしれませんので楽しみにしていてください。

 

とまぁここまではただの宣伝、しかし実は今回の記事にも関係がある。

というのもWORDではcoinsの新入生向けに「引越し準備号」「新入生歓迎号」という春季特別号を発行をしており、そこでは履修計画に関する記事が掲載されているのだ。

 

ボクは今年度の履修計画記事の担当だった。

しかし、どうしても伝えたかったことは書かれていない……前年も前々年も……

なぜか?WORDは情報科学類誌の肩書きを背負っている以上逆らえないものが多い。

つまり、新入生向けにぶっちゃけ記事を書くことは許されたり許されなかったりするわけで、今年度ギリギリだったのは「楽な総合科目」を人気・オススメなどの言葉で誤魔化したところだ。

 

何が憎いかって情報科学類の標準時間割がヤバい。

www.coins.tsukuba.ac.jp

あなたが怠惰ではない3%のcoinsならば無事卒業を迎えることができるかもしれない。しかし、我々怠惰なcoinsがこれをやると落単からの留年で優勝してしまうこと間違い無し。

 

履修計画は上記ページの下の方にある履修要覧を読みながら自分で組むべきである。

早ければ早いほど良い。1年次の夏から秋にやるのがオススメだ。

 

この記事は同学類の先輩だぶどん氏の無念を想って書かれております。

只々、駄々だ。 - 学類ぼっちのオタクが2年半で単位を28落として留年しそうな話

 

おまけ(本題ではない)

履修計画の参考になりそうなズルいこととかを書いておく。

例外のみ書いていくので、必修は全て取れ(数学は落とすな)のように常識から逸脱しないことは書かない。あと、これを信用することで受ける被害は甚大だと思う。責任は取らないがごめんなさい。

 

・Integrated English I/IIはTOEICの実績を単位に変換可能なので1年次で取る必要はない

(ただし、2->3年次進級には英語を含めた必要単位数下限アリ)

・英語は全て夏休み・春休みの集中講義にて単位取得可能(2年次以降?)

情報科学概論I/IIはTWINSでテトリスみたいにはまるので、同じ年に取ってもいい

・選択科目(GB1の一部)は全部取らないのを前提に必要分だけ足していけ

・GB1やGB2は楽単な集中講義で補充し放題

・総合科目IIを2年次に持ち越すな、人数調整で切られない1年次のウチに楽単をもぎとれ

・空いた時間に興味のあるGB2, 3, 4の専門的な授業を入れていこう